全部ば行の桃太郎(訳付き)

ぶばびぶばびばぶぼぼぼび、ぼびびばぶぼぼばばばぶばびばびば。

ぼびびばぶばばばべびばばびび、ぼばばばぶばばばべべぶばぶびびびばびば。

ぼばばばぶばばばべべぶばぶぼびべびぶぼ、ぼぼびばぼぼば、ぼぶぶばぼ、ぼぶぶばぼぼばばべべびばびば。

ぼばばばぶばぼぼぼびべびぼびばべぶぼ、ぼぼぼぼぼべばびばびば。

ぶぶぼ、ぼぼびばばばばびばぶばべばびば。

ぼびびばぶぼぼばばばぶば、ぼぼぼぼぼぼばぼぶぼばぶべ、ばびびびぼばべばびば。

ぼぼばぼぶばべびぼぶび、ぼびばびばべびぶぼぼびばびばびば。

ぼばばばぶば、ぼぼばぼぶびびびばぶぼぼばぶべ、びぶばびびぼぼべばびば。

ぼぼばぼぶばぼびばびばびびぶぼぶぶ、びぶ・ばぶ・びびびべばび、ぼぼびぼびばびばびびぶぼぼびばびばびば。

ぼびばびばびぶぶぼ、ぼぼばぼぶばびばぼびびばびぶばび、ぶぶびべびばびびばびば。

ぼぼばぼぶばびばびばばばばぼぼびばべび、びばばべびぶばびばびばぼば。

全訳
むかしむかしあるところに、おじいさんとおばあさんがいました

おじいさんは山へ柴刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行きました

おばあさんが川で洗濯をしていると、大きな桃が、どんぶらこ、どんぶらこと流れてきました。

おばあさんは桃を家に持ち帰ると、桃を斧で割りました。

すると、大きな赤ちゃんが生まれました。

おじいさんとおばあさんは、子どもを桃太郎と名付け、大事に育てました。

桃太郎は成長し、鬼ヶ島へ行くことになりました。

おばあさんは、きび団子を桃太郎に授け、静かに見届けました。

桃太郎は鬼ヶ島に行く途中、犬・サル・キジに出会い、共に鬼ヶ島に行くことになりました。

鬼ヶ島に着くと、桃太郎たちは鬼に立ち向かい、すぐに撃退しました。

桃太郎たちは宝を持ち帰り、幸せに暮らしましたとさ。

編集後記

 今日はかなり適当です。

桃太郎を現代風にしたら多分こうなる その3

むかしむかしむかし、あるところに、オジジアン(おじいさん)とオババアン(おばあさん)がいました。

オジジアンは山へゴルフに、オババアンはなんとなく川に行きました。

オババアンが川を眺めていると、桃が猛烈な勢いで流れてきましたが、オババアンのところで急ブレーキをかけました。

オババアンは桃を持ち帰って割ってみると、中から赤ちゃんが出てきました。

赤ちゃんは桃太郎と名付けられ、すくすくと育ちました。

数年後、桃太郎は立派な武士になるため、鬼ヶ島に行くことを決意。

桃太郎はオババアンにもらったキビ団子を腰にかけ、鬼ヶ島に出発しました。

 道の途中、大きな犬に声を掛けられました。

犬「桃太郎さん、桃太郎さん、お腰につけたキビ団子、ひとつ私にくださいな」

桃太郎「別にいいが、なぜ私の名前を知っている?」

犬「え、えーと…おばあさんとのやりとりを聞いてたんですよ」

桃太郎「相当耳がいいんだな」

次はサルに出合いました。

サル「桃太郎さん、桃太郎さん、お腰につけたキビ団子、ひとつ私にくださいな」

桃太郎「お前もか、なぜ私の名前を知っている?」

サル「犬さんとのやり取りを見てたんですよ」

最後にキジに出合いました。

キジ「桃太郎さん、桃太郎さん、お腰につけ…」

桃太郎「ほら、キビ団子」

キジ「最後まで言わせて…」

犬・サル・キジを仲間にした桃太郎は、一緒に鬼ヶ島へ向かいました。

一同は鬼ヶ島に着き、門を開けてこう言いました。

桃太郎「邪魔すんで~」

鬼「邪魔すんねやったら帰って~」

桃太郎「はいよ~ってなんでやねん!」

鬼「吉本新喜劇かよ!」

桃太郎たちは一斉に鬼達に立ち向かい、一気に撃破。

宝ももらい、そこそこ幸せに暮らしましたとさ。

 

名前が長い浦島太郎

むかしむかし、ある村に、浦島一二三五右衛門久長丈史太郎(うらしまひふみごえもんひさながたけふみたろう)という漁師がいました。

浦島太郎が釣りに海へ出かけると、カメが子どもたちにいじめられている姿が見えました。

浦島太郎「おい、お前たち!弱い者いじめはやめろ!」

カメ「僕を弱い者扱いするな!」

浦島太郎「え~?じゃあ、助けないけどいい?」

カメ「それはやめて!助けてください!」

浦島太郎はカメを助け、カメはお礼に竜宮城に招待しました。

乙姫「あら、その方はどなたですか?」

カメ「僕を助けてくれたんです。名前は知りません」

浦島太郎「ベイバブバビバ、ババビブビボバベボンビババババベビババボブボボブブ(姓は浦島、名は一二三五右衛門久長丈史太郎と申す)」

乙姫は酸素ボンベを付けた浦島太郎を歓迎しましたが、数時間経って、酸素がなくなってきたので、陸に戻ることにしました。

乙姫「お別れですか。では、この福袋を差し上げます。でもなるべく開けないようにしてください」

浦島太郎が陸に上がると、町の光景が一変していました。

「ハァハァ…なんだ?場所を間違えたのか?」

浦島太郎が竜宮城に居た間、地上では数百年も経っていました。

それを知らない浦島太郎は、ビショビショになった福袋を開けると、中から煙が出てきて、女性になってしまいました。

浦島太郎「え?いろいろ変わってる…なにこのオチ」

END

 反省

 イマイチな出来になってしまいました。

浦島太郎をルー大柴風にしたら多分こうなる

あるところに、浦アイランド太郎(あだ名;浦島太郎)という漁師がいました。

ある日、浜辺でチャイルド達がカメをいじめているのをルックした(見た)ので、ハリー(急いで)でレスキューしました。

カメはレスキューのお礼にと竜宮城へと連れて行きました。

竜宮城ではビューティフルなプリンセスちゃんに歓迎され、ワンダフルなご馳走をゲットし、楽しいエブリデイを過ごしました。

数日経って浦アイランド太郎は村のことがスピリットになった(気になった)ので、村に戻ることにしました。

プリンセスちゃんは「玉ハンドボックス(玉手箱)をあげます。でも絶対に開けてはいけません」と言って、太郎を村に送り出しました。

浦アイランド太郎が村にゴーバックすると、マイセルフのハウスがなくなっていていました

浦アイランド太郎「What?一体どうなっているんだい?」

太郎が竜宮城に居た間、村では数百年以上も経っていました。

浦アイランド太郎は、プリンセスの忠告をフォーゲットして(忘れて)おり、蓋を開けてしまいました。

すると、中からホワイトの煙が もくもくと出て、たちまち太郎はホワイトひげのグランドファザーになってしまいました。

桃太郎を現代風にしたら多分こうなる。その2

むかしむかし、ある冬の日に、おじいさんとおばあさんがいました。

おじいさんは山へ柴狩りに、おばあさんは川で洗濯する予定でしたが、あまりにも寒いので、洗濯機を回していました。

おばあさんが洗濯機を回していると、急に動きが鈍くなりました。

おばあさん「ありゃ、もしかして壊れたのかい?」

そう言って、おばあさんが洗濯機を開けると、中に大きな桃が入っておりました。

おばあさんは、帰ってきたおじいさんと一緒に桃を食べると、体がみるみる若返っていきました。

感動した二人は、念願だった子どもを産み、子どもを桃太郎と名付けました。

桃太郎はすくすくと育ち、鬼ヶ島パーク(通称:鬼パー)に行くことになりました。

おばあさんは桃太郎にファミチキを授けました。

おばあさん「決してふざけてるわけじゃないんだよ、ただ、きび団子がなくてね…だからファミチキで許して」

桃太郎はファミチキを持って鬼ヶ島に向かい、途中で出会った犬・サル・キジ仲間にしました。

鬼ヶ島に到着すると、鬼達がたくさんおり、桃太郎たちは門をぶち破って一斉に立ち向かいました。

桃太郎「今からお前たちを退治する!みんなかかれー!」

そう言うと、桃太郎たちは鬼に向かって豆をまき始めました。

鬼「おい!なんだいきなり!というか門を破るな!ただでさえ寒いのに!」

桃太郎「鬼は~外!福は~内!」

桃太郎たちの豆まき攻撃と寒さに耐えられなくなった鬼達は、降参し、桃太郎たちに宝を上げましたとさ。

 

 

 

ところどころ間違えている桃太郎

 

え~と、何年前かはわからないけど、結構昔、おじいさんとおばあさんがいました。

おじいさんは山に柴狩りに、おばあさんは川へ洗濯に行った…んだったかな?

おばあさんが川で洗濯をしていると、桃がトムヤムクントムヤムクンと流れてきた…あれ?なんか違う。

え~、おばあさんはその桃を持ち帰ったと思うんだけど、それって窃盗なんじゃ…

それから、持ち帰った桃を、え~、確かおじいさんが割って、中から…中から…あっ!赤ちゃん!そうだ!赤ちゃんが出てきました。

おじいさんとおばあさんは子どもを桃太郎と名付けて、大事に育てましたとさ…いや、まだ続きがあった。

桃太郎はすくすくと育って、お、お、鬼頭!鬼頭に行くことになりました。

おばあさんは桃太郎に、え~…きりたんぽ?を渡しました。

桃太郎はきりたんぽを手に、鬼頭に向かいました。

途中で犬・サル・キジに出会い、一緒に鬼頭に向かいました。

そのあと、鬼頭に着いて、みんなで鬼を倒して、DAKARAをもらって、それから帰って、幸せに暮らして…終わり?

 

カチカチ山を現代風にしたら多分こうなる

あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。

おじいさんが畑を耕していると、意地悪なタヌキがやってきて、畑を荒らしました。

激怒したおじいさんはタヌキを捕まえ、檻に閉じ込め、ふたたび畑に向かいました。

捕まえられたタヌキは、おばあさんに向かってこう言いました。

タヌキ「おばあさん、僕はすごく悪い事をしてしまいました。もうしませんから僕を解放してくれませんか?」

おばあさん「そんなこと言って、また悪い事するつもりだろう?」

タヌキ「ホントに悪い事はしません!おばあさんの大好きなH○y! S○y! J○MPのコンサートチケットあげますから!」

おばあさん「なっ…!?あんた、どうやってそんなもの手に入れたんだい?」

タヌキ「知人にもらったんですよ(大ウソ)」

チケットにつられたおばあさんは、タヌキを檻から出してあげました。

タヌキ「ふふ…甘い、甘いわぁぁぁ!!!」

おじいさんが戻ってくると、おばあさんが倒れているのを発見しました。

一命は取りとめましたが、おばあさんは大ケガを負ってしまいました。

おじいさん知り合いのうさぎに仇を取ってほしいと頼みます。

うさぎはタヌキを柴狩りに誘うと、帰りに火のついた石を投げつけ、得意の左フックを何度もくらわせました。

タヌキ「お前!やってること俺よりひどくないか!?」

うさぎ「そんなことないさ、原作では君が僕に殺されるんだよ?まだケガで済んでるだけマシじゃないか」

タヌキは反省し、おばあさんの治療費を払い、もうしないと神に誓いましたとさ。

おしまい。